【無印良品の理由】足なり直角スニーカーインソックス

無印良品の足なり直角スニーカーインソックスは、足なり直角靴下と同様、かかとが直角のかたちをしています。
肌触りのよい綿混素材を使い、かかとを包み込むように、直角に編み立てました。

チェコのルジェナおばあちゃんが編んだ直角の靴下に学び、無印良品が直角のかかとを持つ靴下をつくり始めたのは、2006年11月のこと。当時は3アイテムのみでしたが、いまではすべての靴下が“足なり直角”になりました。
そして、その「足にフィットして、ずれにくい」直角のかかとが生み出す履き心地を、今ではスニーカーインソックスにも取り入れています。

足なり直角スニーカーインソックス